英語が一切通じず恥ずかしい体験をしたこと

私は以前、シンガポールに出張に行きました。私の英語力は日常会話ができない状態であり、ほぼ一人で行くのは無理と考えていたのですが会社命令で私はしょうがなく行くこととなったのです。もちろん、私は不安でいっぱいでした。

しかし、仕事であると言うこと、現地には日本人がいると言うことを励みに出張にいったのです。私は現地に付くなり日本人の同僚と一緒に行動をしたのですが、待ち合わせ場所が分からず途方にくれておりました。その結果、現地の日本人らしき人を見つけたので、話しかけてみたのです。

その際、片言の英語で声をかけたのですが、その方はまったく私の言っている英語が通じず私はソーリーといってその場を立ち去ろうとしました。すると相手の方は日本人ですかと日本語で声をかけてくれたのです。

私はほっとすると同時に恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。私の行きたい場所などを相手に伝え、その方は周りの人に英語でその場所を確認してくれたのです。そしてご丁寧にその場所まで私を連れて行ってくれました。

私は気持ち的に折れそうになりました。その方は女性でバリバリ英語が話せてすごくかっこよかったのに私はまったくだめな日本のサラリーマンといった感じだったからです。私は感謝をしつつも敗北感でいっぱいになった海外出張の初日でした。

日本にいるときから、こういったもので勉強しておくべきだと痛感しました⇒海外出張 英語できない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です